×

空港セキュリティチェック

    カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アメリカ合衆国へ出発・乗り継ぎをする旅客は、マニラで更なるセキュリティスクリーニングの実施が各国の政府令により、必須となりました。

グアム、ハワイ、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシコへ出発・乗り継ぎをするお客様はマニラにて追加のセキュリティチェックを受ける必要があります。これはフィリピン航空の旅客の安全確保・未然防止の為にアメリカ合衆国国土安全保障省により定められました。

空港チェックインの前に旅客は事前のスクリーニング検査と手荷物検査を受けます。Eチケットやモバイルボーディングパスやパスポート、ビザなどの旅行に必要書類をご提示ください。スムーズなご利用の為、検査場が近づいてきましたら事前に手荷物のロックを外したり、カバーを外してください。預け入れ荷物は危険物検査の為、一時的に開封する必要があります。検査が完了すると内容物はバッグの中に戻され、係員がチェックインカウンターで手続きをご案内いたします。

12オンス(35mL)を超える粉末状物質は機内持ち込み手荷物の中に入れてはいけません。粉末状物質は預け手荷物にいれることができます。

以下のものは可能です。

  • 医学的に処方された粉末状物質
  • 粉ミルク
  • 遺灰(火葬されたご遺体)
  • 適切に密封された安全な不正開封防止容器(STEB)内の免税の粉末物質

セキュリティチェックの後、旅客は指定された搭乗ゲートで再度セキュリティスクリーニングと書類チェックを受けなければなりません。空港の出発前エリアで購入したものを含む、100ミリリットル(mL)を超える液体、エアロゾル、およびジェル(LAG)は許可されません。 大きな容器に部分的に100 mLを超える場合も禁止されています。

すべてのLAGは1人あたり最大合計容量1リットルの、透明で再封可能な1つの袋の中に入れる必要があります。機内に持ち込まれる粉ミルク、食品、および医薬品はLAGバッグに入れる必要はありませんが、セキュリティに提示する必要があります。旅客は機内に持ち込む医薬品の処方箋を提示するよう求められる場合があります。免税店から購入したLAGは最終目的地まで未開封の状態でなければなりません。

禁止されているすべての品はセキュリティに没収されます。

旅客は仕切られたエリアを出るたびに、再度セキュリティ検査を受けなければなりません。

アメリカ合衆国国土安全保障省からの情報はこちらをご覧ください。
https://www.tsa.gov/travel/security-screening/whatcanibring/all


ブリスベン、メルボルン、シドニー、オークランド、ロンドンヒースローへ出発・乗り継ぎをするお客様はマニラにて追加のセキュリティチェックを受ける必要があります。これはフィリピン航空の旅客の安全確保・未然防止の為に各国政府により定められました。

空港チェックインの前に旅客は事前のスクリーニング検査と手荷物検査を受けます。Eチケットやモバイルボーディングパスやパスポート、ビザなどの旅行に必要書類をご提示ください。スムーズなご利用の為、検査場が近づいてきましたら事前に手荷物のロックを外したり、カバーを外してください。預け入れ荷物は危険物検査の為、一時的に開封する必要があります。検査が完了すると内容物はバッグの中に戻され、係員がチェックインカウンターで手続きをご案内いたします。

セキュリティチェックの後、旅客は指定された搭乗ゲートで再度セキュリティスクリーニングと書類チェックを受けなければなりません。空港の出発前エリアで購入したものを含む、100ミリリットル(mL)を超える液体、エアロゾル、およびジェル(LAG)は許可されません。 大きな容器に部分的に100 mLを超える場合も禁止されています。

すべてのLAGは1人あたり最大合計容量1リットルの、透明で再封可能な1つの袋の中に入れる必要があります。機内に持ち込まれる粉ミルク、食品、および医薬品はLAGバッグに入れる必要はありませんが、セキュリティに提示する必要があります。旅客は機内に持ち込む医薬品の処方箋を提示するよう求められる場合があります。免税店から購入したLAGは最終目的地まで未開封の状態でなければなりません。

禁止されているすべての品はセキュリティに没収されます。

旅客は仕切られたエリアを出るたびに、再度セキュリティ検査を受けなければなりません。

各国政府からのそれぞれの情報はこちらをご覧ください。

オーストラリア - https://www.abf.gov.au/entering-and-leaving-australia/crossing-the-border 
ニュージーランド - https://www.customs.govt.nz/personal/travel-to-and-from-nz/
イギリス - https://www.gov.uk/government/publications/coming-to-the-uk/faster-travel-through-the-uk-border 

ブリスベン、メルボルン、シドニー、オークランド、ロンドンヒースローへ出発・乗り継ぎをするお客様はマニラにて追加のセキュリティチェックを受ける必要があります。これはフィリピン航空の旅客の安全確保・未然防止の為にカナダ政府により定められました。

セキュリティチェックの後、旅客は指定された搭乗ゲートで再度セキュリティスクリーニングと書類チェックを受けなければなりません。空港の出発前エリアで購入したものを含む、100ミリリットル(mL)を超える液体、エアロゾル、およびジェル(LAG)は許可されません。 大きな容器に部分的に100 mLを超える場合も禁止されています。

すべてのLAGは1人あたり最大合計容量1リットルの、透明で再封可能な1つの袋の中に入れる必要があります。機内に持ち込まれる粉ミルク、食品、および医薬品はLAGバッグに入れる必要はありませんが、セキュリティに提示する必要があります。旅客は機内に持ち込む医薬品の処方箋を提示するよう求められる場合があります。免税店から購入したLAGは最終目的地まで未開封の状態でなければなりません。

禁止されているすべての品はセキュリティに没収されます。

旅客は仕切られたエリアを出るたびに、再度セキュリティ検査を受けなければなりません。

カナダ政府からの情報はこちらをご覧ください。
https://www.cbsa-asfc.gc.ca/menu-eng.html