×

Announcement

特別燃油付加運賃(燃油サーチャージ)・航空保険料のご案内

22 12 2019

フィリピン航空では「特別燃油付加運賃(燃油サーチャージ)」および「航空保険料」を設定し、航空燃油価格および航空保険料の高騰や、航空保安強化に関わる費用の一部をお客様にご負担いただいております。 

特別燃油付加運賃(燃油サーチャージ)額はシンガポール・ケロシン市況の状況に伴い、2ヶ月毎に改定させていただいております。皆様のご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


対象区間・運賃・適用期間

-対象区間: 日本発国際線の各区間
-対象運賃: 大人、子供
* 座席を使用しない幼児は燃油サーチャージ徴収の対象外です。ただし、航空保険料(片道あたり300円)は幼児も対象となります。

《適用金額


目的地

燃油サーチャージ額 (片道あたり)

2019121日~
2020年3月31日の発券分

202021日~
2020年5月31日の発券分

フィリピン行き

3,000円

3,000円

中国・香港・マカオ・韓国・東南アジア行き

4,500円

4,500円

北米・欧州・中東・オセアニア行き

10,500円

10,500円

* 別途航空保険料として、片道あたり300加算されます。



特別燃油付加運賃(燃油サーチャージ)改定条件

2・4・6・8・10・12月に航空燃油(シンガポールケロシン)価格の動向を確認し、同2ヶ月の為替レート平均で円換算した価格に下記適用金額を確定し、固定いたします。直前の2ヶ月平均の同航空燃油価格が下記条件額を下回った場合、額の改定を上記動向確認時期の翌々月の実施時期(2・4・6・8・10・12月それぞれ1日発券分)からの変更を関係国政府に認可申請いたします。なお、平均燃油価格が1バレルあたり6,000円を下回った場合は、上記確認時期の翌々月1日発券分から「燃油特別付加運賃」を廃止する申請をいたします。


シンガポールケロシン価格(1バレル)

設定金額

日本-フィリピン

5,000円以上11,000円未満

5,000円

9,000円以上10,000円未満

4,000円

8,000円以上9,000円未満

3,000円

 7,000円以上8,000円未満

 2,000円

 6,000円以上7,000円未満

 1,000円

 6,000円未満

 廃止



Other News:


Travel Advisory

Pause in PAL Operations – COVID-19 Situation

02 4 2020
We regret to advise that all remaining Philippine Airlines international flights will be suspended temporarily, starting from 26 March 2020, Thursday until 14 April 2020. All domestic flights had ceased as of March 17, 2020.
Read more