×

有料事前座席指定ご利用規約

ご利用条件:

1. 有料事前座席指定はすべてのフィリピン航空運航便及びPAL EXPRESS運航便に適用されます。
2. 有料事前座席である足元の広い座席、前方座席、通路側座席は座席の状況によりご利用いただけない場合があります。
3. 選択いただいた有料事前座席指定は、お選びいただいたカテゴリーのみ確定となります(例:バルクヘッド、前方席、足元の広い席、または通常の通路側の席)
4. 料金は1人あたり、1区間あたりの金額です。
5. 有料事前座席指定はフィリピン航空予約センター、発券カウンター、Web、ご利用の旅行会社にて承ります。
6. 足元の広い座席、前方・通路側座席の指定につきましてはチケット発券後から承れます。
7. 有料事前座席指定料金はご予約と同時にお支払いとなります。
8. 有料事前座席指定は空港チェックイン時でも承ります。
9. 乗継ぎ便を一緒にチェックインされる場合、有料事前座席指定料金は出発地にてお支払いとなります。
10. 有料事前座席指定のアップグレードはご搭乗時でも承ることができます。しかし途中降機のあるフライトの場合は不可です。例として、大阪-台北-マニラのフライトの場合、大阪-台北のみを有料座席へ変更することはできません。
11. 非常口座席については、フィリピン民間航空規制その他の適用される法律、規則および規制に従って緊急の場合に必要な行動を実行できる乗客が許可されます。


  • 15歳以上
  • 緊急時の場合、客室乗務員を手助けすることができる体力・身体能力
  • 英語での説明文、口頭指示を理解できること
  • 緊急時の場合、必要とされる行動を実行する意気のある方

これらの用件に満たないと判断がされた場合、PALはチェックイン時や搭乗時に変更を願い出る場合があります。この場合、尊重するよう努めますが、それが出来ない場合は料金を返金いたします。


12. フィリピン航空は、航空機搭乗後であっても、座席の割り当てまたは再割り当てを行う権利を留保します。これは法律、規則、および政府規制を遵守するために、または運用上、安全上、またはセキュリティ上の理由から必要となることがあります。

13. フィリピン航空は、適用される法律、規則および規制に従って、予告なしにこれらの利用規約を変更または変更する権利を留保します。
これらの利用規約は、フィリピン航空の運送約款、免責条項、マブハイマイル利用規約、データプライバシー&セキュリティポリシー、オンライン予約規約、およびその他適用される法律、規約および規則と併せて表示されます。

 
変更、払戻しの条件:

14. 有料事前座席指定料はルートの変更不可、譲渡不可です。
15. 事前座席指定は同日、同フライト、同カテゴリーであれば変更が可能です。変更はPAL予約センター、発券カウンターにて承ります。
16. お客様のご都合による同フライトの日付変更の場合は、変更される日付のフライトの座席が空いていれば可能です。同カテゴリーの席が空いていない場合は料金の低いカテゴリーの座席へ変更が可能ですが、差額の返金はいたしません。
17. 通路側事前座席指定料はご購入いただいたフライトに対してのみ有効です。お客様のご都合による変更の場合は返金不可です。
18. ノーショウ(無連絡の取消)の場合、有料事前座席指定料は無効となり、変更できません。
19. 有料事前座席指定されたお座席番号はチェックイン締め切り時間の15分前まで確保できます。この時間を過ぎてもチェックインがされないと、予約されていた座席番号が取り消され、お支払いされていた料金の返金は不可となります。
20. 有料事前座席指定は以下のようなケースで代替ができない場合を除き、返金不可です。
  • 運航状況により、違うカテゴリーの座席が割り当てられた場合
  • 非常口座席の安全要件を満たすことができない場合

21. 返金が承認された場合、お支払いされた通貨で料金は処理されます。