×

燃油サーチャージ マカオから出発する場合

燃油サーチャージ マカオから出発する場合


フィリピン航空はマカオより出発する場合、2018年12月8日以降の発券・再発券分より以下のようにフライト/区間ごとに燃油サーチャージを徴収をします。


マカオ出発フライト


目的地

燃油サーチャージ

旅客毎

クーポン毎

フィリピン

MOP100

シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイ、インドネシア
中国、グアム

MOP150

オーストラリア、ニュージーランド、ポートモレスビー

MOP270

日本、韓国

MOP230

中東、アラブ首長国連邦

MOP270

ヨーロッパ

MOP390

アメリカ合衆国

MOP390

カナダ

MOP390

その他のエリア3で上記以外

MOP100


燃油サーチャージ(YQ)対象

1.フィリピン航空の区間/便毎にかかります

2.航空券の発券時、発券場所にて申し受け致します

3.お手続きの際のIATA換算レートを用いてお支払い通貨へ換算いたします

4.未使用航空券を再発券の際、支払いされていないサーチャージ分を申し受けいたします

5.ご旅行クラス、運賃タイプ、旅客タイプ(小児/幼児/ID/ADなど)に拘わらず、適用されますが以下を除きます。

                - 幼児の燃油サーチャーは大人の燃油サーチャージの10%



*マカオ航空局より認可