×

スポーツ用品料金


フィリピン航空(PAL)のフィリピン国内線では出発の4時間前までであれば、無料受託手荷物とプリペイドバゲージに追加してスポーツ用品料金で預けることができます。



スポーツ用品料金


PHP 
VAT(付加価値税)込み

USD Rate

1,120.00

25.00


ご注意: 


  1. 1区間あたり一人当たり最大15キロまで
  2. 対象スポーツ用品:ゴルフクラブ、スキューバダイビング(酸素タンク除く)、サーフボード、サーフィン用品(ウィンドサーフィン除く)、ウェイクボード、自転車、つり用品、ボーリングの玉


ガイドライン: 


  1. スポーツ用品料金はバスコ、ブスアンガ行きを除く全てのフィリピン国内線で有効です。
  2. スポーツ用品料金は出発時間の4時間前までにPALチケットオフィス、コールセンター、旅行会社にて購入できます。4時間前の締切り時間前までにチェックインをするとスポーツ用品料金は適用外となります。
  3. スポーツ用品は1区間最大15キロです。チェックイン時にスポーツ用品の実際の重さが15キロ未満であった場合、差額返金は不可。実際の重さが15キロを超えた場合、大きさ、又は重さのいずれかの高い料金をお支払いいただきます。
  4. スポーツ用品はプリペイドバゲージに加えてご購入可能です。
  5. スポーツ用品はその他の手荷物とは別に重さを量ります。
  6. 以下のものはスポーツ用品と一緒にみなし、同じ扱いをいたします。

  7. a. ゴルフクラブ-クラブのコンテナーは、輸送に耐えられる頑丈なものであること。
    b. lダイビング/スキューバ用品(酸素タンク除く)-全てのアイテムは輸送に耐えれる頑丈なものであること。スキューバタンクとフレアは含まれません。スピアガンはスピアと分けて梱包が必要です。
    c. サーフボード/サーフィン装備品(ウィンドサーフィン除く)/ウェークボード-予期せぬ傷や、へこみから守れる十分な強度のある入れ物に梱包すること。
    d. 自転車-タイヤは空気を抜く。ライト、ミラー、ペダルを外すこと。その他の自転車の部品はメインフレームと同じ方向にし梱包すること。 of the main frame.
    e. 釣具-竿は伸縮式で頑丈なコンテナーに収納すること。

    f. ボーリングの玉- フィリピン航空では2個のボーリングの玉と1足のボーリングシューズを正しく同じボーリングバックに収納すれば、受付可能です。


  8. スポーツ用品料金は払戻し不可、便の予約変更不可、譲渡不可です。欠航やイレギュラー運航によりお客様が旅行を取り止めされた場合、スポーツ用品料金は返金いたします。

  9. スポーツ用品のチェックインは航空会社の受託手荷物のご利用規則に準じます。

超過手荷物料金について(EBC)はこちらをご覧ください