手荷物許容量

手荷物許容量


手荷物許容量

無料受託手荷物許容量

 

その他の航空会社でのご旅行 

ご旅行をフィリピン航空(PR)でのみご利用の場合、手荷物ルールをご確認ください。


その他の航空会社でのご旅行

旅程に複数の航空会社が関わる場合は、手荷物ルールがそれぞれ異なることにご注意ください。

 

I重要なお知らせ

各航空券にはそれぞれに無料手荷物許容量が決められています。この無料手荷物許容量はそのフライトでのみ有効であり、接続フライトに必ずしも適用されるとは限りません。 PALまたは他の航空会社は、接続便の無料手荷物許容量が低い場合、超過手荷物料金を徴収することがあります。


旅客は、現金、宝飾品、貴金属、銀製品、有価証券、その他の貴重品(カメラ、電子機器など)、ビジネス書類、パスポート、その他の身分証明書やサンプルを受託手荷物に入れないようにしてください。


幼児の手荷物

幼児には完全に折りたたむことのできるベビーカーまたは幼児の持ち運び用バスケットまたは幼児用のカーシートを、スペースの空きがある場合には許可される場合もあります。